ボストンテリアのLEONと親父のLohasな毎日
ボストンテリアのLEONと50才を迎える親父とのLohasな毎日を綴ります。
LEONの愛おしさ
1月12日(金) 晴れ

最近、ママがおかしくなった… 別に頭のことではないが(笑)
もともとママは恐がり屋でワンコのことも怖がっていた。
LEONを家族に迎えることに同意したのは、父娘の「たっての
願い!」を聞いてくれたから。(感謝)
だから、LEONの甘噛みがひどかった時や所かまわず吠えて
いた時は、本当に困った顔をしていた… 怖かったんやって…

が、先日の夫婦の会話に親父はびっくり!
ママ「最近、私変やねん(関西弁)」
親父「どう変やねん?(関西弁)」
ママ「LEONが愛おしくてしかたないねん(関西弁=モウエエチュウネン)」
親父「愛おしいってどういうこっちゃ?」
ママ「信じられんくらい可愛いいねん!自分がこんなになるって
   思わへんかったわ!」
親父「それは、ええこっちゃ!」
LEONよ!あんたは、たいしたもんやでぇ!
しかし、愛おしいって言葉を聞くの久し振りやなぁ…

余談やけど、散歩途中に出会った見知らぬおばさんが
「なんちゅう可愛い犬やのん!食べてしまいたいわ!」と言った。
おいおい、犬を食べてどーーすんねん!恐ろしいこと言うな!

そんなこたーどうでもええけど、今日もママと仲良くお散歩する
王子様(ママは「平日の散歩当番」)
CIMG0145.jpg

なんかちょうだいよーーーーぉ
CIMG0148.jpg

ちょっとお目々がつり上がってるでぇ
CIMG0166.jpg

なんか獲物見つけた顔かぇ?
CIMG0158.jpg

白黒のコントラストがグーやねぇ
CIMG0154.jpg

すいません、親(犬)バカ日記になってしまいました。

☆親父の独り言

昨夜が初回の倉本総脚本、二宮君主演のドラマは、昔あった
ショーケン主演の「前略おふくろ様」を彷彿させたねぇ。
ちょっと前にあった富良野舞台のコーヒー屋のドラマも二宮
クンやったし、倉本氏は彼が好みかな?でも演技力はありそう。
「硫黄島」はまだみてないけど…
相変わらずテレビおたくの親父でした!

明日へ続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ボストンテリアのLEONと親父のLohasな毎日 all rights reserved.
photo by Art-Flash
Powered by FC2ブログ.